ニュースリリース

太陽光パネルの過積載について

太陽光発電の過積載とは

近年、産業用太陽光発電所に限らず住宅用においても「太陽光発電パネルの過積載」という手法が一般的になってきています。
この過積載とは「パワコンの定格容量に対して、太陽光発電パネルの容量を大きくすること」を意味します。
運送トラックなどの「過積載」と言葉が一緒なのでネガティブなイメージを受けがちですが、
太陽光発電においてはデメリットが小さく、メリットが有る過積載は推奨されることも多いです。
最近の産業用太陽光発電所では200%近いスーパー過積載の事例も見受けられます。
次に太陽光発電パネルの過積載についてメリットとデメリットを解説していきます。


太陽光発電パネル過積載のメリットとデメリット

過積載のメリット

過積載とは、 パワコンの容量よりも、多くの容量のパネルを設置するというもの。
下の図はあくまでイメージですが、同じパワコン容量のシステムでも発電量はパネル出力により変わるので、ピークカットを考慮しても発電量の「面積」を増やすことでメリットを享受しようという考え方です。
また、曇天の下ではそもそもピークカットに至らない日も多く存在します。

パワコンメーカーと過積載

現在、SIソーラーの太陽光システムに採用されているパワコンメーカーはドイツのSMAと日本のオムロンです。
2社ともパネル過積載をメーカー保証しています。

一般的な過積載のトレンド

売電単価の下がってきた近年では、収益性を上げるために太陽光パネルの過積載はトレンドの一つになっています。
インターネットで検索すると、過積載を解説したサイトや事例なども数多く紹介されています。 ぜひ、検索してみて下さい。



当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。
これらは皆さまの便宜のために提供しているものであり、弊社はその内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。
太陽光発電, ニュースリリース