<緊急事態宣言発令を受けての弊社業務体制について>

詳細はこちらをご確認ください。

passiv Fan

従来の約半分の電気!ダクトレス熱交換換気システム

排気熱を利用しながら給気することで、熱をリサイクルしながら換気することができる画期的な換気設備です。換気中も室内の温度変化を緩やかにします。

passiv Fan 分解図

①室内カバー・防塵フィルター passiv Fanのカバーはシンプルで取り外しも簡単です。
マグネット脱着式なので防塵フィルターのお取替えもワンタッチ操作で行えます。
②換気ファン 70秒ごとに正転・反転をおこない、給気と排気を交互に繰り返します。
passiv Fanは消費電力が著しく低いDCモーターを標準搭載
世界トップシェアの高性能ファンを採用し、優れた耐摩耗性と低電圧で安全性を確保しました。
③蓄熱エレメント passiv Fanの蓄熱エレメントに保温性に優れた酸化アルミを採用することで、高効率の熱交換効率を実現します。
④スリーブ管 肉厚なので断熱材の沈降による変形に耐えます。
⑤防火ダンパー
※オプション
準防火地域の場合に採用します。
⑥取付ベース
※オプション
部分的な真壁やリフォームの際に壁厚が確保できない場合でも取付ベースを使用することでpassiv Fanを採用できます。
⑦スリーブサポーター
※オプション
EPSでスリーブ管をしっかり固定し、スリーブ管まわりの断熱と取付施工の簡略化をはかります。
柱の厚みにあわせて89、105、120㎜の3種類の商品があります。
⑧耐外風屋外フード
※オプション
耐外風構造なので、強風時の雨や風の吹き込みを軽減し、安定的な換気量を確保します。
⑨防水気密ゴムシート
※オプション
外壁のスリーブ管が貫通した部分から水蒸気が壁内へ侵入するのを防ぎます。
⑩メガフィルター
※オプション
部屋に侵入しようとする花粉やPM2.5を除去します。

passiv Fanは、第1種換気方式(熱交換型)の短所であった「電気代が高くつく」、「保守が困難」、「機械が大きく設計」、「施工が大変」という点を改良した換気設備です。またパッシブファンは高い温度交換率(最大90%)によりランニングコストを最小限に抑えることができます。

設計も設置もとても簡単!!

吹抜け、ロフト、梁現し、勾配天井、スキップフロア・・・
passiv Fanならどのような間取りや構造にも柔軟に設計することが可能です。
ダクト式では困難だった全館冷暖房や、枠組工法の配管計画も容易になります。

ダクトレス熱交換換気システム

お掃除には工具いっさい不要

passiv Fanは壁付けですので、日常のお手入れがとても簡単に行えます。カバーにマグネットを採用しており、簡単に取り外しが出来ます。
また、コントローラーのLED点滅でお掃除のタイミングをお知らせします。
いつまでも適正な換気量を保つためには、日常の適正なメンテナンスが大切です。多くの熱交換素子は紙でできており、使い続けるうちに湿気により「カビ」が発生する恐れがあります。また、吸湿により強度が低下し、素子の変形を招き、空気の通過に支障をきたす恐れがあります。
パッシブファンの熱交換素子には蓄熱性に優れたセラミックを採用しています。お皿と同じ素材なので、水洗いを行うことが可能です。

集中制御することで空気質を保つ

コントローラーで6台までのpassiv Fanを制御し、家の中の温度、湿度を適正な状態に保ちます。
湿度センサー搭載で換気量自動調整機能付き。フィルターお掃除サインを表示させることで、定期的にメンテナンスの時期をお知らせします。

花粉・PM2.5対策 ※オプション

カンタンに空気清浄機能がプラス、静電気永久帯電繊維が目に見えない粒子までキャッチ&ホールド。0.1μm よりも大きい微粒子をキャッチします。

こんな方にオススメです
  • 花粉やその他アレル物質が気になる方
  • 幹線道路周辺などで室外から侵入する空気の汚れが気になる方
  • 小さいお子様をお持ちのご家族

製品の仕様

passiv Fan PFB150s(在来工法)

設置条件 壁の厚みが155から325mm
熱交換率 最大91%
風量 17~50立方/h
消費電力 3.4Wh以下
比消費電力 0.136Wh/m3(DCファン)
蓄熱エレメントの寸法 長さ=150mm
メーカー 株式会社 OKUTA(オクタ)

passiv Fan PFS100(リフォーム推奨)

設置条件 壁の厚みが150から325mm
風量 13~25立方/h
消費電力 3.4Wh以下
比消費電力 0.272Wh/m3(DCファン)
蓄熱エレメントの寸法 長さ=150mm
メーカー 株式会社 OKUTA(オクタ)