<緊急事態宣言発令を受けての弊社業務体制について>

詳細はこちらをご確認ください。

電気は“ためて”使う!
それが未来のオフグリッドな生活

「売る」から「使う」エネルギーへ、時代はシフト

住宅用太陽光発電は、売電目的の「売る」から自家消費の「使う」へと、目的が変わってきています。
1990年代より急速に技術革新が進んだ再生可能エネルギー活用は、時代の流れにより取り巻く状況が変化。売電価格の引き下げや電気料金の上昇などにより、昼間の余った電気を電力会社に売り、夜間は電力会社から電気を買う従来の売電目的だけでは最大化できず、利益が減ってしまうことになったのです。
しかし、蓄電池やPHVなどにより、昼間に余った電気をためて夜間に利用する自家消費にシフトすれば、電気料金の削減だけでなく、災害対策にもつながります。これからの時代は、「使う」を目的にした自家消費型の住まいづくりが求められているのです。

SIソーラーが目指しているのは
「新しいオフグリッドな生活」

度重なる災害や電気代上昇リスクなどの不安の多い現代だからこそ、電気を自産自消することで“電気を買わない”オフグリッドな生活が、その力を発揮します。
SIソーラーの大容量太陽光発電と大容量蓄電池によって多くの電気を効率的に「創り」、省エネ効果の高い空調や電気自動車で電気を効果的に「使う」。
蓄電池やV2Hで多くの電気を「ためて」災害時に備える。
そしてそれらを、IoTで「つなぐ」。
この「創る」「使う」「ためる」「つなぐ」をトータルでカバーするSIソーラーのシステムや製品により、経済的で災害にも強いオフグリッドな生活が可能となり、その全てが、万が一の事が起こった際での「備え」にもつながるのです。
SIソーラーが目指すオフグリッドな生活とは、未来を見据えた新しいライフスタイルの提案です。