<緊急事態宣言発令を受けての弊社業務体制について>

詳細はこちらをご確認ください。

ニュース

20kW以上の野立て発電所は標識の設置義務があります

認定取得の時期により設置期限が変わります

 

 

◆設備認定を2017年3月31日以前に取得している案件は2018年3月31日(土)までに設置
◆2017年4月1日以降に事業認定を受けた案件は着工後すみやかに設置
※なお、建物の屋根に設置しているシステムは20kW以上でも標識掲示義務はありません


設置する標識の記入例

 

 

①:「太陽光発電設備」と記載。②:認定された「発電設備名称」を記載。
③:認定された「設備ID」。④:「設備の所在地」の住所を記載。
⑤:認定の「発電出力」を記載。⑥:「設備設置者」の設置者氏名。
⑦:認定の「設置者住所」を記載。⑧:「設置者電話番号」を記載。
⑨・⑩:認定の保守点検責任者名と電話番号。⑪:「運転開始日」(予定日)を記載。


標識素材に関するガイドライン

 


 




当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。
これらは皆さまの便宜のために提供しているものであり、弊社はその内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。