太陽光発電の家

太陽光発電のメリット

太陽光発電で節電&副収入

1. 電気代を節約できる

夜と昼の電気
昼間
(売電)
  • 太陽光でつくった電気を使って電気代節約 ♪
  • 余った電力は売電。
夜間
(買電)
  • 電力会社から電気を購入して使う。
※ 夜間・早朝の電気代が安くなるプランを契約するとオトクです。

太陽光でつくった電気を使って電気代を節約できます。
夜間や日射量の少ないときは足りない分を電力会社から自動的に購入するしくみですが、発電量が使用量を上回っている間は電気代は一切かかりません。

2. 余った電力を売って収益にできる

夜と昼の電気

さらに、余った電力は電力会社に買い取ってもらうことができます。
太陽光電力は地球にやさしいクリーンエネルギーのため、国が普及を進める政策をとっています。そのひとつが「固定価格買取制度」。太陽光で発電した電力を一定期間、同じ価格で買い取ることを電力会社に義務づけています。

設置環境に応じた発電量シミュレーションと併せて、より確実に費用対効果を測ることができるため、投資目的で導入する方も多くいらっしゃいます。

3. 売電と期間

設置規模が10kW未満の場合は10年間この価格で買い取ってもらえます。

余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
調達価格 28円 30円 25円 27円
調達価格 10年間 10年間

設置規模が10kW以上の場合は20年間この価格で買い取ってもらえます。

平成29年度
調達価格 21円+税
調達期間 20年

圧倒的な節約効果と収益力に驚きの声がたくさん届いています。

以前の家では月々の光熱費が冬は4万円、夏は2万円、+ガス代がかかっていました。今の家は太陽光発電とオール電化を導入し、ガス代はかからず電気代の月1万3千円だけ。これだけでもかなりの節約になりますが、さらに余った電気を売って月6.7万円の収入に!
岐阜県・岐阜市 Yさん

4. 停電時も安心

夜と昼の電気

災害などで停電した際は、発電システムが稼働している間であれば、予備の電力源として活用することができます。

※災害時に利用するためには、自立運転コンセントの設置や蓄電システムの設置をする必要があります。

5. 地球環境保護に貢献できる

エコ

今、世界各国はCO2の排出量削減のために一丸となっています。太陽光発電による電力は電気をつくり出す過程でCO2を排出しないクリーンエネルギー。住むだけで地球環境に貢献できて節電・エコ意識が自然と高まるのも、太陽光発電の家の魅力のひとつです。

設置補助金もあります

太陽光発電システムの設置に対し、地方自治体から補助金が支給される場合があります。自治体によって制度の有無や金額・期間などの条件が異なります。詳しくは各自治体へお問い合わせください。申請などの複雑な作業は当社または当社販売店が代行いたしますのでご安心ください。

様々な製品を組み合わせてご家庭で使える電気をつくります