FIT法の施工規則と告示の改正について

太陽電池パネルの合計出力変更で買取価格が変更になる恐れ

2017年8月31日に省令が改正されました。
特にこれまでと大きく異なるのは、パネルの合計出力の変更をした場合も
買取価格が変わるようになった点です。
変更認定申請イメージ


新しい省令では
①パネル合計出力が3kW以上 または 3%以上増加した場合
②パネル合計出力が20%以上減少した場合に、変更完了時の買取価格に変更されます。
※10kW未満の設備に関してはパネル合計出力変更による買取価格変更はなし。
※新規申請における過積載設計に対する規制はなし。
変更認定申請イメージ


注意が必要な変更例

パネルの出力増加によっても買取価格変更の対象になる場合があります。 近年では、目まぐるしく技術が進歩しているため、発電効率が増加したことで 同じサイズのパネルを選んだ場合でも、合計出力が3%を超えることがあるので、注意が必要です。
変更認定申請イメージ


今回の省令改正による主な変更点まとめ

①太陽光パネルの合計出力の変更で、買取価格が変わる(条件については上記で説明)
②10kW未満のみなし認定の申請期限が3ヶ月延長され、12月末までに変更
③認定手続の本人確認書類に「住民票」が追加br> ④標識設置が不要となる基準に「屋根設置」が追加
⑤「軽微な変更」から電力会社との接続同意に係る主要な項目の変更が除外
※上記③・④・⑤に関しては省令改正前のガイドライン等にも記載があります



なっとく!再生可能エネルギー

平成29年8月31日公布・施行のFIT法施行規則・告示改正のポイントが整理されています
なっとく!再生可能エネルギー(再生可能エネルギーを知る、学ぶ)



当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。
これらは皆さまの便宜のために提供しているものであり、弊社はその内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。
関連ニュース, ニュースリリース