事業計画認定の遅れと太陽光設置工事

経産省の認定審査に大幅な遅れにより様々なリスクが発生

経産省の事業計画認定の審査が大幅に遅れていることによりリスクが発生しています。

①赤信号リスク
工事負担金提示前の太陽光設置工事は非常に危険です。想定外の工事負担金の発生リスクがあります。

②黄信号リスク
事業計画認定取得前の太陽光設置にもリスクがあります。仮に申請不備等で認定取得が年度をまたいでしまうと
お客様へ提案済み調達価格に間に合わなくなるリスクがあります。

工程管理

現在、申請内容に不備のないもので申請から認定取得まで3ヶ月が目安と言われているので

できる限り早めに計画をした上で、進めていただくことをお勧めします。

なっとく再生可能エネルギーのサイトにリリースが出されています

新制度での新規認定申請等における審査状況について


改正FIT法に関連したよくある質問をまとめました

工務店様向けよくある質問 初版(2017/04/27更新)


当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。
これらは皆さまの便宜のために提供しているものであり、弊社はその内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。
関連ニュース, ニュースリリース