資源エネルギー庁からのお知らせについて

資源エネルギー庁が新認定制度の告知ハガキを全国配布しました

設備認定を取得されているお施主様のもとに、2017 年1月から3月にかけて
資源エネルギー庁から改正FIT法に関する案内ハガキ(もしくはメール)が届いています。
こちらの案内は現在、売電中のお施主様も含まれます。
資エネ庁お知らせ抜粋
引渡し済 (売電開始済) のお施主様は②に該当します。
4月1日以降、6ヶ月以内にWEB手続きが必要です。 「今後の事業計画」と「電力会社との接続契約の証」の
書類提出を求められることになっています。(接続契約の証に関しては運転開始前の案件のみ)
しかしながら、今のところ具体的な方法や書式も発表になっておりません。
3月中旬に資源エネルギー庁からの具体的な発表があるまで、お待ち下さい。

引渡し前 (接続契約締結前) の方は①に該当します。
接続契約締結が3月31日を過ぎると、設備認定を失効します。
ただし、2016 年7月1日以降に請負契約をした場合は一定期間の猶予があります。
※2016年7月1日以降に認定を取得している場合、電源接続案件募集プロセス等に参加している場合は、一定期間の猶予あり
下記グラフを参照し、期日までに接続契約締結を終えて下さい。
20160701以降に設備認定を取得した場合の猶予期間
③から⑤に関しては3月中旬の資源エネルギー庁からの正式発表をお待ち下さい。
発表は「なっとく!再生エネルギー」ホームページ上にて行われます。

当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。
また、当サイトに掲載している情報には、第三者が提供している情報が含まれていますが
これらは皆さまの便宜のために提供しているものであり、弊社はその内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。
関連ニュース, ニュースリリース